プロミスの審査基準と借入をするメリットについて

プロミスではどんな基準で審査しているのか?はじめての借入れ申込みの方は特に、はたして審査に通るのか心配になりますよね?そこで今回は申込み前の不安を少しでも取り除くために、プロミスの審査基準についてご紹介したいと思います。まずプロミスが定める審査基準プロミスの申し込み条件は公式ホームページの「お申込みいただける条件」で確認できます。「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」と明記されています。また、「主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能」とありますので、勤務形態を問わず、定期的な収入があれば申込み可能です。実際にはこのほかに、(申込み時に住所、電話番号などを記入します)明確な居住地が必要です。さらに、本人確認書類の提示を求められます。

プロミスの審査では、融資が可能かどうかの判断を行うために、申込者を属性ごとに分類して点数をつける「属性スコアリングシステム」を採用しています。

属性スコアリングシステムとは、コンピュータによって自動的に結果を出しますので、短時間で公正且つ一貫性のある判断が可能となります。

審査項目は、勤務先や勤続年数、年収などの勤務状況のほか、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分等です。

例えば、居住形態は賃貸よりも持ち家のほうが審査に有利だったり、家族構成は、独身よりも家族がいるほうが審査に有利になることもあるようです。

また、審査の上では、信用情報がかなり重要なウエイトを占めます。借入の申し込みがあると、貸金業社は信用情報機関を使ってその申込者の信用情報を確認します。

具体的には、他社での借入れ状況、過去の借入履歴、金融事故(返済遅滞、債務整理など)などの情報です。これらの情報が、審査に大きな影響を与えるのです。例えば、他社での借入がすでに4件以上あったり、過去に大幅な返済遅延があったりすると、審査に通るのが難しくなると思われます。

また、貸金業法の総量規制により、複数の業者を合わせた借入額(個人の借入総額)が、年収の3分の1を越えると新しい融資を申し込むことはできないことになっていますので、それに該当する場合も審査には通りません。

次にプロミスの審査に有利なのはどんな職種かを調べてみましたが、「安定した収入」を審査基準にあげているプロミスですが、どんな職種が安定していると判断されるのでしょうか?一般的に、正社員勤務で勤続年数が長く、年収も高ければ審査に有利と言えるでしょう。(ちなみに最も安定した職業とみなされるのは公務員です)。

ですが、いくら年収が高くても、月々の収入が安定していない職種や、給与額の上下が激しい職種の場合、審査に通りにくいと言われています。年収が低くても、毎月必ず一定した給与所得がある方のほうが信頼性が高いと判断されるのです。

また、パートやアルバイトの場合でも、一時的に高額な日給を得ている場合よりは、たとえ時給が低くても定期的に確実な収入がある場合の方が審査に有利なようです。具体的な例を挙げると、高収入であっても浮き沈みのある水商売や娯楽産業などは敬遠される傾向があります。

こうした事情から、個人事業主や自営業の審査が比較的 厳しくなることは避けられません。申込みは可能ですが、必要書類も通常の会社員の方より多くの書類(源泉徴収票など)の提出を求められことがあります。

あと誰でもできる審査対策についてですが、申込みにあたり、現在の自分の属性を急にスコアアップすることは不可能ですが、最後にだれにでもできる審査対策をご紹介したいと思います。

それは申込み書を正しく丁寧に記入するということです。言うまでもないことと思われるかもしれませんが、「申込書に誤字、脱字、空欄等が多く、正確な審査ができないことが理由で否決された」という事例も報告されています。

当然のことながら、属性を上げるために現状を偽って申請しても、勤務先への在籍確認や個人信用情報の照会などで、必ず発覚してしまいます。申込書は正確に記入し、提出しましょう。

次にプロミスで借入する際のメリットをご紹介したいと思います。1つめは最短・即日融資、即日カード発行のスピードキャッシングで安心であることです。

プロミスは、即日融資(振り込みキャッシング)が可能です。平日の14時までにオンラインの契約と手続きが完了していれば、融資をお急ぎの方もスピードキャッシングを受ける事が出来るので、安心です。

また、プロミスの自動契約機を使えば当日中のカード受取も可能です。この場合、夜の20時までにすべての受付を済ませるようにしましょう。その場でプロミスカード(キャッシュカード)と契約書が発行されます。このように、プロミスなら郵送よりも早く、その日のうちにカード・契約書の受け取り・キャッシングが出来るので大変便利です。

カードの受け取り後は、無人契約機の隣にある「プロミスATM」でキャッシングをする事が出来ます。もちろん、プロミスが提携する全国の銀行ATM、コンビニATMで利用する事が出来ます。また、コンビニであれば、ローソンやセブン銀行の他、「イーネット」の表記があるコンビニATMで24時間、いつでもキャッシングの利用可能となっているので安心です。

2つめは三井住友銀行系列のカードローン会社なので、信頼性が高いことです。

カードローンに申し込む時、どうしても気になるのが「カード会社の信頼性」です。口コミで評判の悪い会社、金利や貸し付けに問題があるようなローン会社だったらどうしようと、不安に感じる方も多いのではないでしょうか?しかし、プロミスなら心配はいりません。プロミスを運営するのは、日本を代表する銀行最大手・三井住友銀行系列(完全子会社)のカードローン会社(SMBCコンシューマファイナンス)です。また、プロミスの審査は「三井住友銀行のカードローン」と同じ審査部署(SMBC)が担当してくれるので、信頼性と安全性の高い融資が実施されているのです。もちろん、返済が出来なくなるなど、万が一のトラブルにも三井住友銀行カードローンと同じ保証会社(SMBC)が対応してくれるので、安心してサービスを利用する事が出来ます。

このように、プロミスなら審査が不安という方も、銀行と同じクオリティの「安心・親切・丁寧」なサービスを受けることが出来ます。また、これらの提携サービスを証明するように、全国の三井住友銀行は「ローン契約機」を設置し、同行のカードローンとプロミスの申し込み受付を同時に行っています。三井住友銀行のカードローン契約機の所要時間は、最短30分でカード受取と契約が完了します。これなら、カードローンに抵抗がある方でも安心して「銀行カードローン」同様の高いサービスが受けられるでしょう。

このようにプロミスは、信頼性の高いカードローン会社として、女性や初めての方には特におすすめなローン商品と言えるでしょう。

三井住友銀行内で「三井住友銀行のカードローン審査」に否決された場合、担当者からプロミスへの契約を薦められる事があります。審査を行う機関が全く同 じ(SMBCコンシューマファイナンス)なので、スムーズな審査と融資が実施されます。銀行ローンを諦める前に、プロミスの申し込みを検討してみると良い でしょう。

3つめは30日間無利息サービスとポイントサービスが便利です。プロミスでは「30日間無利息サービス」を実施しています。プロミスのポイントサービスに登録するだけで、通常4.5%~17.8%(実質年率)を30日もの間、完全無利息で利用する事が出来るのです。短期間の利用を希望される方や、お得にキャッシング取引を行いたいという方は、こうしたプロミスの「無利息サービス」を上手く活用するようにしましょう。

ポイントサービスの登録方法は非常に簡単です。プロミスカードローンの契約後、プロミス公式サイト上にある「会員ログイン」と書かれた青色のボタンをクリックしてみて下さい。ここでの、ログイン登録は特に必要ありません。カード番号と暗証番号を入力すれば、そのまま会員サイトにアクセス可能です。会員サイト内に「ポイントサービス申し込み」と書かれたボタンがあるので、ワンクリックしてみましょう。これで、プロミスの「ポイント登録」は完了です。

ポイント登録が出来ると、30日間無利息のサービスを受けることが出来ます。ぜひ、キャッシングを行う前に「プロミスポイント登録」に申し込むようにしましょう。万が一、キャッシング後に登録をしてしまった後も心配はいりません。初回の返済日の翌日から「30日間無利息」の期間が適用されるので安心です。

他にも瞬フリなどのサービスがプロミスにはあるので便利さが違います。詳しくはプロミスの瞬フリについてを参照して下さい。

また、プロミスポイントサービスは、無利息サービスだけではありません。貯まったポイントを使ってATM手数料を無料にしたり、2回目以降の借り入れを無利息(7日~30日間)にする事が出来るのです。これらのポイントは、会員サイトへのログインやプロミスメールサービスの利用、取引確認のメールなどで獲得する事が可能です。お得なポイントサービスで、無利息の期間を有効活用してみましょう。以上がプロミスの審査基準と借入のメリットについてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です