中国の連日の元切り下げ

中国経済が世界に大きな影響を与える時代を痛感させる出来事が最近続発しています。中国経済はバブルの様相を見せつつも、何とか持ちこたえています。

上海の株下落が発生すれば、世界中の株価が下がりました。中国株はまさしくバブル現象で、それでも中国政府は自由主義経済では考えられない策を発動してそれを何とか立て直そうと躍起でした。

株バブルの崩壊だけなら、世界経済のダメージは少なくて済むでしょうが、それでも先に記載した様に世界の株価や経済に影響を与えました。

これがようやく落ち着くと、今度は連日の元の実質切り下げ施策です。こちらは、いよいよ中国経済の危険信号だと、再び世界の株価を大きく下げる要因となっています。

人口の巨大な国が、何かを起こすと、その影響は計り知れないものがあるのです。中国がPM2.5を撒き散らかせば、周辺諸国に影響し、覇権主義で行動を起こせば世界に不安を与え、将来懸念されている食糧危機にも、中国の動きが鍵となる日が来るでしょう。

こうした巨大国家の影響を緩和するためには、本当はいくつかの国家に分割されている事が望ましいのでしょうが、それは望むべくもありません。

中国人のお金に対する執着心と自分だけが良ければと良いと言うエゴイズムは、今後も世界経済を混乱に巻き込む可能性はあるでしょう。

ここは、自分の生活が少しでも中国経済の影響をもろに受けない様にする知恵を持って、防衛するしかないようです。レディースキャッシング専業主婦

「それが声優」のアニメ化について

今期から開始したアニメの中に「それが声優」という声優、浅野真澄が書いた漫画がアニメ化された。実際に声優の仕事を長年やって来た人ならではの内容であり、声優の仕事だけでなく、事務所と声優の関係、声優が生計を立てる為に、役を得る為にどんな努力をしているのか、など様々な関係性を描いている。実際このような仕事を主体としたアニメは珍しく、私が知る限り、バグマン、ウォーキング、後はこち亀などの警察関連のアニメしか知らない。その上で声優の仕事を視点とした話は個人的に興味があり、社会人として働く上での参考にもなれればと思っている。

しかし先ほど2話ほどまで見てみたが、志願者が多く、実力主義の世界となると見切りも多く、厳しい業界だと改めて感じられる。このアニメに出てくる主人公とその仲間は違う事務所に所属しているが、自分で全部やらないといけなかったり、事務所が代わりにやってくれたりなどシビアな面も出ている。それなりにシリアスな面もあるのでこの世界の厳しさ表現もこの作品の魅力だろう。

他の魅力としては時々本物の声優がアニメに出てきて声もその人が担当するというサプライズがある。そして他にもEDは声優がトークショーと人気アニソンを歌って終わる形になっている為、他の作品にはないこのアニメならではの面白味がある。専業主婦キャッシング

お金をテーマにした漫画の考察

お金と言うものは生きていくうえでとても大切なのは誰もが知っていることなのですが、それはよりよい生活を送りたい、ワンランク上に上りたいなどの欲望もからんでいることだと言うのは

今や小学生でも知るようになりました。

例えば最近の人気漫画の傾向を見ればわかるのですが、必ず漫画の中にお金を追いかける人間心理をテーマにした漫画が上位に入っているような感じを受けることがあります。

またそういったコミックは人間の欲望をかきたてて一攫千金を狙う賭場もの、ギャンブルの面白さを伝えるようなものなど読んでいて自分の人生に当てはまるようなものが多く、お金があればなんとかなるような傾向のものが多いと思います。

しかしそれを現実の社会で同じように再現すると、よっぽどのプロではない限りパチンコや競馬では散財する人の方が多いのも事実なので、実際にこうした漫画がもとで借金をする人も多いので

お金をテーマにした漫画も現実との区別がつく人が楽しむのは良いのですが、少なからず悪影響もあるようには感じます。

お金の価値と言うのは人それぞれでまた金銭感覚も個人差がありますので、こういった漫画の主人公の人生なども参考にして人生設計の視野に入れると勉強になるのでは無いでしょうか。

主婦キャッシング