頻繁に耳にする総量規制という言葉とは

貸金業法によって、制限されている規制です。人が貸金業者から借りることのできる総額というものは、制限が設けられているのです。

それが総量規制です。例えば、消費者金融からも、また流通系のカードローンもなどと、色んな所からであれば、いくらでも借金できるということにはならないのです。そういったものの全ての合計が、貸金業法によって制限されているのです。ブラックリストなどによって、ほぼすべての金融業者は繋がっています。

そのため、他の所からお金を借りていることなどは、簡単にばれてしまいます。しかし、この総量規制というものがなければ、歯止めがきかないほどに借金を繰り返してしまう人が絶対に発生します。それこそ、あるところの借金を、他の業者から借りることによって、返済するという形です。

こうしてしまうと、利息ばかりがどんどんと膨れ上がってしまい、必ずいつか取り返しのつかないことになってしまうのです。こういった事態を防ぐためにあるものが、総量規制なのです。しかし、法人名義の借金であったり、住宅ローンなどといったものは、総量規制の範囲外となります。

そのため、大金の住宅ローンを抱えているからといって、総量規制の犠牲になってしまうことはありません。